· 

皮膚科医によるフットケア講習

~こんにちは!歩き続けられる幸せ💛をお手伝いするSuashi です~

 

 

今日は横浜の開港記念会館で、フットケア勉強会です。

 

皮膚科の女医先生お二人講師で、前半は「皮膚疾患」、後半は「爪の疾患」について講義してくださいました。

 

 

 

医療用語が、バンバン出てきて、メモ取るのにも必死(汗)

 

 

 

でもこれから高齢者のフットケアやるのであれば、必要な知識。

 

 

 

改めて「足を観察する」大切さは実感。

 

足先は身体の中で心臓に一番遠い部分なので、血流障害や神経障害の兆候が始めに出やすい場所。

 

皮膚の色から見える情報は沢山あるのだと勉強になりました。

 

 

 

白癬(水虫)にしてもしかり、爪白癬(爪水虫)も単独で爪だけで増殖しているのだと思ってましたが、実は足裏の角質が何年もかけて白癬菌に蝕まれて、最終爪白癬になるのだと知り、びっくり😲

 

白癬菌は付着しても24時間以内に洗えば、ほとんど感染は防げるそうです。

一日一回シャワーを浴びたり、お風呂に入るのは感染を防ぐのにも大切ですね。