· 

副業禁止を禁止?

 ~ アラフォー、サロン勤務経験なし、自己資金100万円から始めるサロン経営~

 

 今年(平成30年)厚生省で制定しているモデル就業規則から「許可なく他の会社などの業務に従事しないこと」という規定が削除されました。

そして、「副業、兼業の促進へ…。」

 

これって私達サラリーマンにとって良いことなのか、悪いことなのか…。「終身雇用」なんて言葉今はあまり聞かなくなったし、上手くいっても60歳定年退職、それから嘱託で65歳まで働いて、さて、65歳から100歳までの”35年間”どう食いつないでいくのか…。仮に定年が5-10年延びたとしても、まだ数十年暮らしていなければなりません。

当然年金なんて当てにならないし、夫が入っている個人年金も75歳までだし…。

さて、65歳になってから別の仕事さがそうかって、難しいですよね…。

「今の雇用に頼らない働き方」国が推奨するのも理解できます。

ダイバーシティ=働き方の多様性なんて格好いいけど、要は自分の事は自分で何とかしてくださいって事ですよね?

税金に頼らないでねって…。

 

私にとってはこの規定の削除は、セラピストになることのへの大きな後押しになりました。

副業をしても首になることはない(それが理由で解雇されない)ので、こうやって公に書いてます(笑)

でも、あくまでも本業に支障がないように営業も週一にしています。

あえて会社の同僚達には言ってませんが、いつかオープンにして同僚達にもサロンに来てほしいな~っと思っています。

だって、歩いてる姿勢や履いてる靴の減り方見て、足にトラブルありそうだな~って分かるんですもの(笑)

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。