· 

なんでフットケア?

 ~ アラフォー、サロン勤務経験なし、自己資金100万円から始めるサロン経営~

 

何か手に職つけたくて、一年ほどパン作りにはまってました。

酵母から育てて、どんどん酵母が増えてしまうから、出勤前にもパンを焼いたりしてました。

楽しかったけど、でも、仕事としては、、ちょっと違うかな。。

なんとなく毎日頭の片隅には「手に職」という言葉があったかも。。

今からでも私にできること。。

 

夫の母がずいぶん長い年月、外反母趾と巻爪に悩んでいました。

巻爪が痛くて、左足の親指が地面につけられず浮指状態で歩いていました。

爪が「の」の字を描くそのままの形で見た目にも痛そう。。

私自身も巻爪で8年ほど前に都内の巻爪専用サロンに通っていたこともあり、

いくつかの治療法や、痛みをすぐに軽減させてくれることを知っていました。

でも姑の住む田舎ではそんなサロンも専門の病院もありません。

姑を連れて2回都内の治療院に行ったことがあります。

治療直後には「親指が地面に着く!」と喜んでいた姑ですが、

一人では病院に通えないため、通院するのに誰かに連れてきてもらわなくてはならないのと、

片道2時間はやはり体力的に無理だったようです。

そこで治療を断念してしまいました。

それからも姑の住む千葉での外反母趾と巻爪両方をケアしてくれるサロンや病院を探しました。

病院で診てもらうと「まず外反母趾を手術して、それから巻爪治療に。。」

手術には2週間の入院が必要だと言われたそうです。今一番辛いのは巻爪なのに。。

姑自身が諦めてしまって、治そうという気力がなくなってしまいました。

 

姑本人が治療を断念してしまったけど、私はそのまま放っておいたら姑が歩けなくなってしまうのでは、と心配していました。

「外反母趾は無理でも巻爪治療なら私でもできるかも。。」

「同じように困っている高齢者の方は多いのではないかな?」

「姑だけじゃなくて他の人のケアもできたら仕事にできるんじゃないかな。。」

 

私は「フットケアスクール」に通うことを決意しました。